不倫調査 離婚調停

不倫と離婚調停について

不倫調査で証拠を掴み慰謝料請求!離婚調停の場合も!

夫、または妻が不倫していた。
すごく苦しいことですが、不倫が存在するのも事実です。
確かな証拠が掴めなければ、探偵などのプロに依頼して不倫調査をしてもらいましょう。
しっかりとした探偵調査の証拠は重要なものとなります。
特に離婚をお考えの方はこの証拠をしっかりと掴むことが大切となります。

 

夫婦間での離婚合意が困難な場合には家庭裁判所への調停申し立てを行います。
住居地の家庭裁判所に「夫婦関係調整調停」というのを申立てます。いわゆる離婚を求める申立てです。

 

夫婦が互いの合意がなければ離婚調停は成立しません。
一方が離婚する理由がないと主張して離婚を拒絶する場合や、親権、慰謝料の争いが難しいときには、話し合いによる解決不可能と判断して、調停不成立となります。その後は離婚裁判に移行することが多いです。

 

裁判で離婚するためには、パートナーに不貞行為があったかどうかという事実を立証しなければならないので、証拠は重要です。
不倫相手との密会の写真や会話録音などが重要証拠となりえます。
なので探偵による証拠集めはとても重要なので、お一人で進めないで、探偵などのプロに不倫調査を依頼することをおすすめします。